<![CDATA[MEGUMI TOYOKAWA - DIARY]]>Mon, 15 Jul 2019 05:51:51 +0900Weebly<![CDATA[ジュエリーのメンテナンスーその②]]>Sun, 14 Jul 2019 07:07:06 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/2みな様こんばんわ。

昨日暑いですね、って言っていたのに
今日は早速涼しげな気候になっています。
やっと落ち着いた風邪をぶり返しそうで
緊張です。
風邪などひかれませんよう。

昨日は金属のネックレスやのメンテナンスの
仕方を書かせていただきました。
今日はリングについてです。

首モノ耳モノの以外で使っている頻度の高いのが
リングです。
マリッジリングに始まりエンゲージメントリングは
オケージョンにはほぼ100%使います。

男女問わずリングだけ使用している方も
いらっしゃいますよね。

私は金属のリング(石のが付いていないもの)は
”つけっぱなし”をお薦めしております。
シルバー、ゴールド、プラチナどの素材で作られていても
”つけっぱなし”にして
日々の洗浄(お風呂、食器洗い、手洗い…etc)で
ほぼ綺麗を保てると思っています。

以前ホワイトゴールドでマリッジリングをお作りしました。
その方が1年位後にたまたま用事があって
アトリエにお越しになりました。
その時にリングが何となくくすんできているようなので
どうしたらいいか尋ねられて。
聞いてみると、手を濡らす時は
絶対にリングを取っているのだそう。

なんと!

日常生活を送っていれば
当然リング表面には細かい傷がつき
そこに毎日の汚れが溜まります。
汚れをそのままにしていたら
ゴールドだってくすんだように見えるのです!

ちなみに私は10年程シルバーとゴールドのコンビリングを
”つけっぱなし”。
18Kのリングは6年位
ラピスのリングは学生の時に買ったビンテージなので
20年前くらいに購入。
ここ3年位はほぼ”つけっぱなし”です。
あ、でもシルバーは温泉などの鉱泉は気を付けてください。
如何ですか?一番簡単なメンテナンスの方法でした!
]]>
<![CDATA[ジュエリーンのメンテナンスーその①]]>Sat, 13 Jul 2019 11:23:33 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/1みな様こんばんわ。

今日の東京は昨日よりぐっと気温が上がって
しかも湿度も上がって
蒸しっとした一日でした。

午後からずっとアトリエに籠っていましたが
夕方小雨が降っている中
少しお買い物に出てみたら
帰って来たときには
クーラーが入っているにも関わらず
暑かった!

こういう汗が気になる季節になると
素肌に直接触れる金属のジュエリーが
ちょっと気になることありませんか?

冬はそこまで頻繁にではないですが
夏場は特にネックレスなどの直接肌に触れるものは
使用後にぬるま湯でさっと洗って
水気をしっかり拭き取って保存して頂くことをお薦めしています。

これはメッキがかかっている物でも
洗った方が良いように思います。
自社製品でのみのテストですが
ネックレスとピアスを使用後
肌に触れていた部分を拭く拭かないで
メッキの持ち度がかわります。

また汗などが付いたままで放置しておくと
変色や次に使用する時に
皮膚が痒くなったり赤くなることがあります。

ま、どうしても”めんどくさい!”時は
その日使ったハンカチをお湯に浸して固く絞って
チェーン、ピアスやイヤリングの金具を
ササっと拭くだけでも違います。

真珠や石が付いているものは
その部分を濡らさないよう
固く絞った濡れタオルで周辺を拭くなどして
チェーンの部分だけぬるま湯で洗います。

金属のみのネックレスは
洗った後タオルで水気を拭き取った後
仕上げにタオルの上に載せて
ドライヤーで乾かします。

金属なのであっつくならないように注意が必要ですが
ムラなくしっかり乾かすことが出来ます。

これからさらに暑くなって来ますから
ジュエリ―のケアもちょっと変えるだけで
快適ですよ。

お試しください。
]]>
<![CDATA[8月のワークショップは特別企画!]]>Fri, 12 Jul 2019 11:38:52 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/july-12th-2019みな様、こんばんわ。
8月のワークショップのお知らせです!

日程だけこく告知させていただいて
続きは…?
になっておりました。

日程は同じ

8月10日(土)
お時間は以下の通りです。

▲内容:スプーン型の金属板をハンマーで叩いて、
槌目を入れたり名前を刻印して自分だけのアイススプーンを作ろう!


▲時間:10:30~/13:30~(各回2名ずつ)
   ※開始時間15分前より開場いたします。

▲参加費: 材料込(サイズ:約2x10cm)
 A. 純銀スプーン¥5500(税込)
 B. 真鍮スプーン¥3500(税込)

▲予約後、上記素材 A or Bを当日選び、アトリエにてお支払いください。(現金/カード可) 

▲対象年齢:小学4年生以上

▲所要時間:約1時間


また今回はオブラブさんのマークにもなっている
​ハト
のキーホルダーに名前を入れるワークショップも行います。
そちらの方もまたご紹介しますのでお楽しみに。

ご予約は7月22日20時より予約サイトよりお申込み頂けます。

22日のブログにて予約サイトがご覧になれます。
それではよろしくお願いいたします。
]]>
<![CDATA[企画の種を見つけ中?]]>Mon, 08 Jul 2019 12:10:08 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/1447725
前回の投稿から少し時間がたってしまいましたが
​お元気でお過ごしですか?

私は久々にひいてしまって長引いております。
皆様もお気をつけてください。

先週久々に「自分だけのアイススプーンをつくろう!」
ワークショップを行いました。
今回は朝1人、午後1人でしたので
色々お試ししてもらいながらの
お時間となりました。

スプーン作りをしている間
こんなのも出来るんですよー
と話すと、
あ、それ興味あります!
と話が盛り上がったり。
生徒さんの興味やニーズを聞いていて
こんな企画あったら参加します?
とアイディアが出たり。
人やタイミングが違うだけでも
色々な気づきがあるんだな、
と思われて一日でした。

限られたスペースなので
​参加していただける人数には
限りが生じます。
でも色々な体験を提供できたらいいな
と思っています。
今後もちょくちょくやって
回数こなしてみるのも
​手かもしれませんね。

他にやりたいこと抱えている人はいるのかしら?
​リサーチしてみたいですね。]]>
<![CDATA[【8月のワークショップ】]]>Wed, 19 Jun 2019 15:00:00 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/8こんにちは。

暑くなってきましたね!
先ほどアイスの誘惑に負けて
ハーゲンダッツを冷凍庫から出したのですが
付属のプラスプーンが歯が立たないほどの固さでした。

そうです、こういう時は必殺のシルバースプーンを使います。
本当に抵抗なくするりと入って、待機時間0分です。
ストレスフリーなのは良いですが、
我慢が出来なくなってなってしまいそう・・・

梅雨も始まった?ばかりですが、あっという間に時間がたっていくので
次回のワークショップ、日程だけ決めました!
「自分だけのアイススプーンを作ろう」ワークショップ
  810日(土)

なぜ日程だけなのかというと、
毎月10日は同じビルの1階の
やさしいガーゼの
OVLOVさんの
月に1度の店舗オープンデーなのです。

(↓インスタから借りてきたお店のお写真)
​販売されている商品は3重か6重のガーゼを使用しています。
6重のガーゼはさわり心地がフワフワ。
私もハンカチを使ってますが、吸収が良いので
びしょびしょになりません。
夏に向けて重宝しそうです。
またブランケットは赤ちゃんにも
冷房の中で体を守るのにも良さそうなのです。


しかも夏休みだから

コラボとか
何か他のワークショップとか
お客様に楽しんでいただけるような
企画ができたらいいかもしれない、
と考えている次第です。
と言う事で、スプーン以外も増える予定です。

ただいま計画中なので
もう少々お待ちください。

スプーン以外にも「自分だけの」何かが作れるシリーズがあったら面白いかな…?
]]>
<![CDATA[達成感や嬉しさが生まれる?ワークショップ]]>Mon, 17 Jun 2019 09:38:37 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/8297380こんにちは。

前回のブログでアイススプーンを作るワークショップの
ご紹介をさせていただいたのですが

早速お申し込みくださったみな様、
ありがとうございました。

また今回は時間が合わないので
「 次回の日程が決まったら教えてください 」
と、お問い合わせてくださったみな様、
気に留めて下さってありがとうございます。

ただいま8月分を企画しておりますので
もう少々お待ちください。

ワークショップでハンマーの話をした時に
​ハンマーで金属を叩いて成形する技術を身に着けたくて
色々練習した時に作ったノートの事を
ふと思い出しました。

英国で所属していた工房は
「自己探求」というスタンスで
「自分が作りたいものを作る」
というところ。
指導に来るビジティングチューターに
基本形やアドバイスを聞きながら
失敗してやり直して
技術を磨いていきます。

やったことや試したことを
ノートに全部書いて
ほかに何が出来るかを探し
可能性を模索する。
色んな事が出来るようになった時の
​嬉しさたるや
格別です。

スプーンという小さなアイテムでも、やりなれないことをやった達成感や
​嬉しさを感じていただけたら良いな、と思っています。

]]>
<![CDATA[【自分だけのアイススプーンを作ろう】ワークショップ]]>Wed, 12 Jun 2019 10:37:18 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/7634301何だか寒い日が続いておりますが、
アイススプーンを作るワークショップのお知らせです!

モノマチの際に開催した1日限りのワークショップ。
〈詳しくは→スプーン作りワークショップ

​1日のみだったので
参加してみたいけど出来なかった
と、言う声をそこかしこで聞きました。
せっかく興味を持ってくれている人がいるのに
やらないなんて残念過ぎる。
ということで日程が近いですが
2日計4回のワークショップを設定しました。

◆日程:6月29日(土)/7月6日(土)
◆内容:スプーン型の金属板をハンマーで叩いて、
    槌目を入れたり名前を刻印して自分だけのアイススプーンを作ろう!

◆時間:10:30~/13:30~(各回2名ずつ)
◆参加費: 材料込(サイズ:約2x10cm)
 A. 純銀スプーン¥5500(税込)
 B. 真鍮スプーン¥3500(税込)
◆予約後、上記素材 A or Bを当日選び、アトリエにてお支払いください。(現金/カード可) 

◆対象年齢:小学4年生以上
◆所要時間:約1時間

◆予約方法:下記予約サイトから日時を選びご予約下さい。(6/13 11時より受付を開始します!)  
RESERVA予約システムから予約する

​今後徐々に日程や違うワークショップも
増やそうかな、と思っています。
7月6日にはツキイチ蔵前というイベントがあり
この日しか開かないお店があったり
特別企画があったり
蔵前近辺を散策するのに最適な1日です。

ほかにもおかず横丁というところで行われるモノヅクリ横丁
というのがあったり。
両方ともアトリエから歩いて15分くらいです。
もちろん地下鉄でも行けますが
せっかくだから古さと新しさが混雑した町内を歩くのを楽しんで欲しいです。
意外なところにお店が隠れている。

そんな宝探しのような1日を過ごしてみませんか?


]]>
<![CDATA[「動き」を作るとは…?]]>Fri, 07 Jun 2019 06:26:23 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/5450477「動きを装う」というコンセプトでジュエリーのデザインをしていますが、
なぜ「動き」にこだわっているのか?

私個人の意見ですが、「動き」というのは
「柔らかさ」や「軽やかさ」などのイメージを
見ている方に与えます。
逆に、「動かない」モノには「重厚感」や「硬さ」でしょうか。

また「動き」は「機能」を生み出します。
「動く」ことで「1つの物」をマルチプルに使う事が出来たり。
使う人のアイディア次第で
様々にアレンジすることが出来ます。

手軽なファストファッションの物を
沢山所有してとっかえひっかえ
気軽に使うのも華やかで良いかもしれません。

でも「ちょっと良いもの」を
閃きでアレンジしながら
可能性をじっくり楽しんで
長く使っていくのも
なかなかおつな楽しみ方なのでは
と思います。

私が所有しているもので
味が出るほど長く使っているものは
まだなくて
あっても最長10年位の物しか
ありません。
でも自分になじんだ感じが
しっくりくるのでもっと使い込んで
唯一無二の物にしたいです。

あなたにもそういうモノがありますか?
↓こういうモノからアイディアをもらっています。
]]>
<![CDATA[work and Life]]>Sat, 01 Jun 2019 11:18:25 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/work-and-life最近本を読むように、厳密には活字を読むようにしています。
PCで文章を書く分には
検索や文章校正で何とかごまかせるのですが、
手書きの説明書やお礼状やお手紙を
書く機会が増えて
書きたい意味の言葉が出てこなくて
頭を抱えることがあります。
英語を入れるために
ポイってしてしまったかのような
私の日本語力。
ブログの中の可笑しな日本語は
それゆえです。

本から学ぶ事も沢山あるけれど
最近ゆっくりじっくり
色々な人と話す時間が与えられています。
その中の一人とは
どういう思いでブランドをやっているのか
今までになく深い思いを
聞かせてもらいました。

ブランドを通じて得て欲しいもの
手伝ってくれている仲間に
買って下さるお客様に。
彼女の力強い語り口調に
彼女を手伝っている人たちの顔がよぎりました。
みんなニコニコと楽しそうに仕事してる!
確実に伝わっているんだな。
反面(?)目下の悩みは
商品よりも作品を作りたい。
じっくり創作に充てる時間を捻出したい。
生きていくためのお金も大事だけれど、
人生を満たすために
やりたいことをやれるようにしたい!

前向きに話が終わったので
また近況聞きがてら会いに行きたいです。
※お花は旅たちの時に頂いたもの
]]>
<![CDATA[スプーン、て実は・・・]]>Thu, 30 May 2019 08:15:42 GMThttp://megumitoyokawa.com/diary/7872517スプーンの話が続いておりますが、
なんでスプーンなの?という質問をいただいたので
お答えを。

金属を叩く練習から形を作ってモノにするのに
適した形なのです。
やはりただ叩くだけではなく、
目的の形があった方がやる気になります。

練習としては棒状の物から叩いて形をとるやり方と
形にした板材を叩くやり方と2通りあります。
棒状の物をブルーの方向に叩くと幅が広がり
スクープの部分を作れます。
ピンクの方向に叩くと
長さを延ばすことが出来ます。
この棒は半分までブルーの方向に叩いてから
90度回して反対側叩いたもの。
真ん中から方向が反転します。
上の棒をそれぞれ90度回転させたものです。
幅がちょっと違うけれど
ほぼ同じ形です。
まんべんなく叩いているので同じような形になりますが、
一部分を重点的に叩くと
その部分だけが伸びて曲がっていきます。
上の写真は真鍮のスプーン。
左から2つ目が原型で上部のスクープ部分を叩いて延ばして
大きくしていきます。
ハンマーの跡が見て取れますが、
原型のサイズと比べてみると
大分延びたのがわかるかと思います。

またハンマーを替えることで
テクスチャを付けることもできます。
大きさの違うドットや細かい横線。
ハンマーの扱い方やかける力の加減で
金属の形を変えられるのです。

叩くだけの動作ですか、
沢山の可能性が詰まってるのです。
実は奥が深いスプーン。
試してみたくなりますか?
]]>